2014年05月11日

分かり易いスポット

今日は神戸市東灘区に流れるこの川を辿ります。

CIMG5686a.JPG

右に曲がっていく大きい流れ・・・ではなく、

CIMG5690a.JPG

左の小さい流れの方です。天上川支川と言います。

上の画像に写っている橋(町の浦西橋)から山側(北)。住宅地の隙間を縫っていきます。
CIMG5693a.JPG

町の浦西橋から上流側の一つ目の橋です。中央付近に見えるねずみ色の柵が橋です。橋の名前はどこにも表記されていませんでした。
CIMG5694a.JPG

更に上流側の橋「中町の浦橋」です。分岐点から真っ直ぐ進んできた流れが、ここから大きく蛇行します。
CIMG5697a.JPG

中町の浦橋から山側。確かにここから大きく左へ曲がっていきます。
CIMG5703a.JPG

少し進んだ所から振り返ってみました。アレ?川はどこへ???
CIMG5707a.JPG

中町の浦橋から暗渠になっていたんですね。そしてこれは住宅地をうねりながら進む天上川支川。道の左半分が暗渠です。
CIMG5708a.JPG

上町の浦橋です。これは一目で暗渠と分かる構造ですね。
CIMG5711a.JPG

ちょっと脱線して、暗渠沿いにある渋ビル。
CIMG5713a.JPG

上町の浦橋から山側。上町の浦橋から山側は暗渠部分と元々の川沿いの道で舗装が別れているので、分かり易いです。
CIMG5719a.JPG

国道2号線から浜側(南)。道の右半分が暗渠です。この辺りは阪神・淡路大震災の頃はまだ小さい川が流れていた筈なのですが、いつ暗渠になったのかまでは調査できていません。
CIMG5723a.JPG

国道2号線から山側(北)。ここから山側は完全に川筋が途絶えてしまって、辿るのは難しいです。
関係ないですが、正面やや左の店のアイスキャンデーは有名で、夏場はよく行列が出来ています。
CIMG5724a.JPG

表六甲は山と海の距離が短く、複数の川が合流していって大きい流れを作る前に海に達してしまう関係で、小さい川が凄く多いです。市街地ではその多くが暗渠化されていますが、ここまで分かり易い暗渠はなかなかありません。

[ここに地図が表示されます]
posted by 常陸野 牛久 at 10:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

桜のトンネル

色々とネタがあるのに、私自身がトロくって更新が滞ってしまって申し訳ない。

さてさて、今回ご紹介するのは神戸市灘区にある「桜のトンネル」です。
山手の坂道の両側に桜が植えられていて、満開の頃はトンネルのようになります。

トンネルは摩耶ケーブルの駅付近から始まります。大正14年の摩耶ケーブルが開通に合わせて植栽されました。因みに摩耶ケーブルの方が、六甲ケーブルより古いんですね。
CIMG4443a.JPG

CIMG4441a.JPG

トンネルの坂の上側から見ています。これから下っていきます。
CIMG4440a.JPG

4年前の写真の方がわかり易いかな。。
DSCN8733a.JPG

桜のトンネル の碑。灘百選に選ばれています。
DSCN8734ab.JPG

ローアングルで撮ってみました。桜の間から神戸の街が広がります。
CIMG4428b.JPG

CIMG4426.JPG

桜のトンネルはバス道になっていて、緑色のバスがやってきます。
CIMG4422a.JPG

大分下ってきました。トンネルの出口はもうすぐです。
CIMG4419a.JPG

雨男の私がここまで青天の写真を撮られることは殆どないです。青空に桜、素敵な組み合わせです。
CIMG4415a.JPG

トンネルの出口まできました。出口の交差点名は「桜トンネル南」です。
神戸は北が山、南が海という非常に方角がわかり易い街です。地元では「北側南側」でなく、「山側浜側(海側)」を使うことが多いです。
CIMG4405a.JPG

写真では伝わりにくいんですけど、山麓なので勾配がきついんですね。
山側から浜側へと紹介していったんですが、実はこの後別件の用があって、坂を駆け上がりながら取材しました。それにしても、新緑のシーズンに桜の紹介やってちゃ駄目ですね・・・

おまけ
摩耶ケーブル駅の西側にある坂からのショット。夜景もきれそう。
CIMG4448.JPG

[ここに地図が表示されます]
posted by 常陸野 牛久 at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする